世間ではデリケートゾーンの脱毛が急速に普及中

広まりつつあるハイジニーナ脱毛

私の知り合いに助産師さんがいるのですが、彼女は職業柄、女性のデリケートゾーンを目にすることが少なくありません。

 

そんな彼女と話をしていると、最近特にアンダーヘアの処理をしている女性が増えているらしいです。むしろ、何も処理していない女性の方が少ないぐらいなんだそうです。

 

アンダーヘアだけはそのまま。というのは、もう今の日本のムダ毛事情からも過去の話になったようです。それにハイジニーナ脱毛をすると、女性には嬉しい効果が色々あります。

 

ハイジニーナ脱毛の良いことまとめ

生理のときの蒸れが激減

生理時の不快な蒸れの原因は「アンダーヘア(Iライン・Oライン含む)です。その蒸れが激減するので、結果的に臭いも減りますし、痒みやナプキンかぶれもなくなります。また、経血がヘアに付着しにくくなるので衛生面でも嬉しいポイントです。

 

デリケートゾーンが綺麗になる

ビキニラインの処理を自分でしていると、余計な刺激によって黒ずみや肌荒れの原因となります。ハイジニーナ脱毛によってムダ毛を自己処理する必要がなくなるので、結果的に綺麗な肌をキープできます。また、脱毛時のトリートメントによって美肌効果が得られるのもポイントです。

 

ムダ毛を心配する負担が減る

当然ですが、ハミ毛を心配する必要がなくなります(笑)また、あちこちにアンダーヘアが落ちることもなくなるので、地味に楽です。

 

でも、どこで脱毛をするのがいいのか、よく分からないんですが?

ハイジニーナ脱毛は特にデリケートな部分の脱毛なので、「技術力」と「痛みの度合い」でサロンを選ぶことが大切です。

 

ハイジニーナ脱毛に最適な脱毛サロンランキング

ミュゼプラチナム

脱毛サロンの最大手。ミュゼの脱毛は痛みが少ない方式なので、デリケートゾーンの脱毛に最適です。
また、高い技術力にも定評があり、ハイジニーナ7美容脱毛コースは人気のメニューとなっており、肌が弱い人でも安心して通えるのはさすが。
脱毛後に使うトリートメントもGoodで、美肌効果が高いのもポイント。
やはり多くの女性が通っているミュゼを選んでおけば失敗することはありません。

価格 特典 追記
3回・18000円〜 両脇・Vライン美容脱毛完了コース付 ヘアの量や形は柔軟に対応可

ディオーネ

痛みゼロの脱毛で人気のディオーネ。敏感肌でもOKという技術力の高さに定評あり。深イイ話でも取り上げられた実績も。

料金:体験価格5400円

エピレ

VIO脱毛が2回で5000円と最安なので、お試しとして使うにはオススメ。ミュゼである程度まで仕上げて、最後にエピレを使うのが最も賢い選択肢かも(笑)

料金:5000円(2回のみ)
特典:両ワキ脱毛通い放題付き(期間限定)

 

ハイジニーナとは?

ハイジニーナ脱毛とは、アンダーヘアが全くない状態を実現するVライン・Iライン・Oラインの「デリケートゾーン」の毛をすべて処理する脱毛方法です。ハイジニーナとは「ハイジーン(hygiene)」衛生という意味の英語が語源の和製英語です。

 

別名としては「ブラジリアンスタイル」とも言われますが、これはブラジルの女性がサンバカーニバルで踊る際にハイレグの衣装から毛がはみ出さないようにすべての毛をきれいに処理していたことが由来です。

 

自己処理が難しいといわれている部位であるため、皮膚科などの医療機関でのレーザー脱毛やエステサロンでのフラッシュ脱毛(光脱毛)を用いて脱毛するのが一般的ですが、レーザー脱毛の場合は痛みがやや強いので、デリケートな部分のハイジニーナ脱毛では、痛みがより少ないフラッシュ脱毛を選ぶ人が多くなっています。

 

日本ではこの2・3年で海外モデルや海外セレブの間で広まっているとテレビや雑誌などで紹介され、人気の海外ドラマで主人公が済ませているという事からこの脱毛方法の名称が認知されてきたといわれています。日本でも徐々に20代女性を中心に広まってきたとされていますが、最近ではメリットを評価して中年女性・男性の利用も注目されています。

 

ただし日本では完全なる全処理のハイジニーナ脱毛ではなく、「アンダーヘアを整えたいと思うけれども、全部処理してしまうのには多少なりとも抵抗がある」という方が多いようです。また日本人独自の感情としての「異性からの視線」や「施術の際の羞恥心」を重視し、様々な意見が交わされていることも現実のようです。

 

いつも隠れているデリケートゾーンは、人間が生きていくうえで絶対に必要といえる神経が集中して集まっている場所でもあるため、施術方法によって異なりますがそれなりの痛みを伴うことも否定できません。

 

きれいなハイジニーナ脱毛ボディを手に入れるためにはメリット・デメリットの正しい知識を持ち、プロのアドバイスと自分自身の適切な判断、最適な施術をもって理想通りの毛の量やデザイン、お肌のケアを行って実現するのがベストだと考えられます。

 

しかし、ハイジニーナ(V・I・Oライン)を一気に処理してしまうのに抵抗がある人が多いのも当然ですよね。

 

そんな人は、まずは水着やショーツを履いたときに目立つ「Vライン(ビキニライン)」から処理を始めてみるのもお勧めです。事実、最近の脱毛サロンではVライン脱毛のプランが人気を集めており、お店によっては人気No.1のプランになっているところもあるほどです。

 

Vラインの脱毛であれば気軽に始められますし、ハイジニーナに比べると料金も安いので、気持ち的にもお財布的にも痛みは少なくすみますよ。

脱毛関連の推奨ホームページ

Vライン脱毛オールガイド
ハイジニーナ脱毛にはちょっと抵抗があるという女性には最適なホームページです。最低限、処理しておきたいVライン(ビキニライン)脱毛についての情報が掲載してあります。人気の脱毛サロンランキングも参考になります。