ハイジニーナ脱毛の具体的な施術方法について記事一覧

ハイジニーナ脱毛を行う場合、病院やエステサロンによって異なりますが、事前処理として自ら処理をして望むよう依頼される場合と、その場で剃毛してもらい施術する場合とがあるようです。剃毛に関しては別途費用が発生する場合もあるようなので確認をした方が良いでしょう。「Vライン」に関しては自分で事前処理をする場合が多いようです。事前に決めたプラスチックのパターン型をあて自己処理をしてから病院・エステサロンに通う...
「Vライン」の施術方法は、まずカウンセリングでどのような処理をするかを決定します。カウンセリングの際、着用したい水着や下着を持参し、相談しながら形を決めても良いでしょう。「ハイジニーナ脱毛」の場合、全ての毛を処理する人もいますが多少は毛を残す方向で形を決定するケースも多いようです。そして一般的には、専用の紙ショーツに着替え、ガウンなどを着用し、ガウンを該当部分が確認できるようにめくった後に、ジェル...
「Iライン」は全ての毛を処理するのがほとんどです。部分的に残すということはたいして意味をもたないという意見が多く、完全に処理することが勧められます。「Iライン」は自分で事前処理をすることが難しいため、まずは事前処理としての剃毛が行われます。そしてその後、Vライン同様、ジェルやローションを塗った後に、レーザーや光を照射していく施術となります。なお、粘膜部分は処理できないため、基本的に下着が触れる部分...
「Oライン」はIライン同様、全ての毛を処理する人が大多数で、部分的に残すということは無いようです。この部分も自分で事前処理をすることが大変難しいため、事前処理として病院やエステサロンで剃毛が行われます。そしてその後、他の部位同様ジェルやローションを塗った後に、レーザーや光を照射していく施術となります。一般的に施術の前にシャワーを浴びることができる病院やサロンは少ないため、施術者に対するエチケットも...